Fandom

ダイ・ハード Wiki

20世紀フォックス

27このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

20世紀フォックス(にじゅっせいき-、Twentieth Century Fox Film, 20th Century Fox)は、アメリカ・ロサンゼルスを拠点とする映画会社・映画スタジオ。ルパート・マードック率いるニューズ・コーポレーションの傘下である。海外では20th及びfoxとも略される。

沿革 編集

Foxplazaupclose.jpg

ロサンゼルス・センチュリーシティにある本社ビル、フォックス・プラザ。映画『ダイ・ハード』の舞台でもある。

1934年12月28日、フォックス・フィルム(1915年にウィリアム・フォックスにより設立)と20世紀映画(1933年にダリル・F・ザナックにより設立)が合併し、20世紀フォックス映画として設立される。戦前はシャーリー・テンプル主演作やジョン・フォード監督、戦後はマリリン・モンローの映画により知られる。

1940年代から1950年代にかけては『イヴの総て』『わが谷は緑なりき』『紳士協定』といったドラマ・社会派作品を製作した。

1950年代以降は、ロジャース&ハマースタインブロードウェイミュージカルの映画化に取り組み、世界的に有名な『王様と私』『サウンド・オブ・ミュージック』を制作。他にも舞台の演出をそのまま映画に取り込んだ『南太平洋』や『オクラホマ!』などがある。

1953年には、ワイドスクリーンのひとつ「シネマスコープ」を開発。これは当時普及してきたテレビに対抗するもので、大画面で楽しむという映画の醍醐味をあらためて認識させるものとなり、同年の史劇『聖衣』がその第一作となった。以来ハリウッド映画をはじめとする大作映画はほとんどシネマスコープで撮影されている。

しかし、巨額な製作費をつぎ込んで1962年に製作した『クレオパトラ』は興行的に大失敗に終わり、スタジオは倒産の危機に陥る。そこへ20世紀映画の創始者だった、ダリル・F・ザナックが経営陣に戻り、1965年に公開され空前の大ヒットとなりアカデミー作品賞を受賞した『サウンド・オブ・ミュージック』、1968年に第1作が公開され以降シリーズ化された『猿の惑星』を筆頭に、スタジオの経営は徐々に軌道に戻った。以来SF作品とシリーズ作品が好調。1977年からの『スター・ウォーズ』シリーズは同社の代表作のひとつ。そのほか『エイリアン』シリーズ、『ダイ・ハード』シリーズといった人気シリーズを製作してゆく。

1997年には『タイタニック』をパラマウント映画と共同製作し、アカデミー賞11部門受賞の快挙を成し遂げた。

2001年より21世紀になったため、社名が「21世紀フォックス」になるのではと全世界が注目したが、結局社名は変更されず現在に至っている(声優の肝付兼太が主宰する「劇団21世紀FOX」は同社のパロディであり、肝付は21世紀になった時に、20世紀FOXが改名のために劇団に多額のお金が入るのではないかと目論んでいたようである。またイギリスの歌手、サマンサ・フォックスも『21st Century Fox』という題名のアルバムタイトルを発表している)。

次世代DVDの規格争いにおいては、終戦までの間ソニーピクチャーズディズニーと並んでBlu-ray Discのみを強力に支持していた。

主な映画 編集

ファンファーレ 編集

20世紀フォックスの映画といえば、「20th CENTURY FOX」のロゴと共に冒頭で流れる、スネアドラムの軽快な刻みから始まる華やかなファンファーレが有名である。この曲は、1935年当時、同社の音楽部長だったアルフレッド・ニューマン(1901年 - 1970年)により作曲された、わずか9小節という短い曲で、もともとはニュース映画の冒頭に流す事が主目的だった。ニュース映画の時代ではなくなったものの、映画の本編が始まる前の臨場感を高めるメロディとして、今なお同社の映画には欠かせぬ存在となっており、他の映画会社には見られない、インパクトあるスポットとして広く知られている。

しかし、20世紀フォックスが音楽著作権をワーナー・ミュージック・グループに売却した中にこの曲も入っており、一時期はこの曲が映画に使われる度にワーナー傘下の音楽出版社(ワーナー・チャペル)に使用料を支払うという事態となっていた(現在は20世紀フォックスが買い戻している)[1]

また、一時期このファンファーレが流れず、オープニングロゴが無音のまま映し出されることもあった。

日本においても古くは横山パンチ・横山ノック・青芝フックらによって結成された漫画トリオがドラマ『てなもんや三度笠』などでやっていたギャグ「パンパカパーン~パンパンパンパンパカパ~ン~今週のハイライト~」や、現在では、野球場、特に西武ドームで試合開始の合図に流したり、演奏会の際、本演奏の前にトップでこのファンファーレを演奏する所もある等、多岐に使用される様になった。

オープニングロゴ 編集

  • 「20th CENTURY FOX」の文字を立体的に象ったロゴ。以前はサーチライト部分のみが動く平面アニメーションだったが、現在は上方から視点が回り込む3DCGアニメーションになっている。なお、2010年度公開作品では創業75周年を記念して、FOXロゴの上部に“ CELEBRATING 75 YEARS ”と描かれている。
    • スター・ウォーズ』新三部作では旧作との統一のため回りこむシーンではなく平面アニメーションである。また後半はルーカスフィルムのロゴが表示される(旧三部作の公開当時は緑の文字の表示であったが、新三部作と旧三部作の特別編編集時にはロゴに統一されている)。
  • 作品によっては遊び心を加えた仕掛けを組み込むことがある。
    • 1990年クリスマス映画二本立てとして公開された『シザーハンズ』と『ホーム・アローン』では、ロゴに雪が降っている。
    • X-メン』シリーズのオープニングロゴでは『FOX』の『X』の部分だけが暗転時にうっすらと残る。
    • デイ・アフター・トゥモロー』では、画面全体が寒々しい蒼白になっており、空は曇って雷鳴が響いている。
    • ダイ・ハード4.0』では、最後の部分でハッキングされたかのように画面が乱れ、サーチライトが消えてしまう。
    • キャノンボール』では、ファンファーレが中断。赤いスポーツカーがロゴを登っていくが、追ってきた来たパトカーは見事にすべてのサーチライトに激突してしまう。
    • ムーラン・ルージュ』では、オーケストラがファンファーレを演奏するシーンとなっている。
  • オープニングロゴは色々なパロディとして使われることがある。

日本法人編集

映画部門では配給や製作を行う「20世紀フォックス映画」と、DVDなどの発売を担当する「20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン株式会社」を展開している。形式上はハンガリー法人の子会社扱いとなっている。 2010年前後はローカルプロダクションの流れにのって『群青』『サイドウェイズ』『はやぶさ/HAYABUSA』などの邦画を製作した。

なお日本法人は20世紀フォックス以外に、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)やユナイテッド・アーティスツ(UA)作品についても日本における配給権を持っている(2000年にユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ(UIP)から権利を承継)。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:FOXinJapan

No image.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki